日本の名機 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の日本の名機無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本の航空機の歴史は、1910年12月19日にはじまる。この日、徳川好敏陸軍大尉が駆るフランス製「アンリ・ファルマン」複葉機、日野熊蔵陸軍大尉が駆るドイツ製「グラーデ」単葉機――二機による飛行が成功。日本の空を飛行機がはじめて飛んだのだ。しかし、この段階では、日本の航空技術は、欧米各国に大きく遅れをとっていたため、海外機の模倣、あるいは国外の技術者の協力なしに、戦闘機の開発・完成は叶わなかった。日本海軍で航空隊が編成されたときでさえ、航空機は輸入機に頼らねばならないのが現実であったのだ。第一次世界大戦をきっかけとする戦闘機の開発競争において、日本海軍は初の国産艦上戦闘機「一○式艦上戦闘機」を完成させる。だが、これもイギリスから技術団を招聘し、完成させたものだった。技術の吸収、研究の時代が続き、日本人の設計、製造による国産機の完成は「九○式艦上戦闘機」が採用される、1932年まで待たねばならなかった。しかし、模倣と吸収の時代を経て、独自の設計思想によって開発された「零式艦上戦闘機」が誕生。世界を震撼させた。本書は、そうした日本の名機105機を厳選し、紹介するものである。高水準の技術で生みだされ、戦後の復興の礎ともなった日本の名機たちが今甦る!☆太平洋戦争を席巻した陸海軍機の美しき雄姿第一章 太平洋上を席巻した 戦闘機第二章 敵に大打撃を与えた 爆撃機と攻撃機第三章 日本兵を支え続けた 偵察機と輸送機第四章 未完に終わった 幻の名機第五章 英米の強力軍用機 零戦のライバルたち
続きはコチラ



日本の名機無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


日本の名機「公式」はコチラから



日本の名機


>>>日本の名機の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本の名機の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は日本の名機を取り揃えています。日本の名機BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると日本の名機は616円で購入することができて、日本の名機を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで日本の名機を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)日本の名機を勧める理由


様々な本をたくさん読むという人からすれば、大量に買うのは金銭的にも負担が大きいと言えます。けれど読み放題ならば、1冊毎の単価をかなり節約することができてしまいます。
毎日を大切にしたいというなら、空き時間を無駄なく活用するようにしなければなりません。アニメ動画を視聴するのは移動している時でもできますので、こうした時間をうまく利用するべきでしょう。
コミックを購読するつもりなら、BookLive「日本の名機」上で簡単に試し読みしることが大切だと言えます。ざっくりとしたあらすじや登場する人物の全体的な雰囲気を、DLする前に確認できます。
本離れが嘆かれる中、電子書籍は今までとは違う仕組みを提案することによって、新規登録者を飛躍的増加させているのです。昔ではありえなかった読み放題という売り方がたくさんの人のニーズに合致したのです。
買ってしまう前に中身を確かめることが可能であるなら、購入してから悔やまずに済むのです。店頭で立ち読みをする時と同じように、BookLive「日本の名機」におきましても試し読みというシステムで、内容を把握できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







日本の名機の概要

                              
作品名 日本の名機
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本の名機ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の名機詳細 日本の名機(コチラクリック)
日本の名機価格(税込) 616円
獲得Tポイント 日本の名機(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ