魔法使いの弟子 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の魔法使いの弟子無料試し読みコーナー


▼第1話/開化▼第2話/召魔(めすま)▼第3話/交霊▼第4話/罪▼第5話/霊視▼第6話/攘夷▼第7話/出生▼第8話/魂の声▼第9話/魔法使いの弟子●登場人物/鬼窪巖(明治新政府参議。国のことを真剣に思い多忙)、妙(参議・鬼窪の愛妾。心の病を患っている?)、召魔(巷間“妖術使い”と噂される異人。「動物磁気」など怪し気なもので病気を治す?)●あらすじ/1868年、明治政府樹立。しかし、新しい世になっても、血の匂いは消えなかった。新政府に反発する反乱や一揆の首謀者たちはもちろん、時には無実であっても新政府にとって都合が悪ければ斬首、切腹……冷徹な強権をふるっていた――参議・鬼窪は、その新政府の中心人物として多忙を極める日々。世の中も、政府・文化・思想・化学……全てが新しいものへ移行しようと目まぐるしく動いていた時代、外国人居留地はずれの洋館に妖術使いが住んでいるという噂がたった。夜な夜な冥府から亡霊を呼びだしているというのだ。そんな折、久々に鬼窪と一夜をともにした愛妾・妙が生首の亡霊を見る!!(第1話)▼妙がフラフラしながら入っていったという例の洋館を訪れた鬼窪。玄関の扉を開けるなり、目に飛びこんできたのは、かつて見たこともない奇妙な光景だった。ひとりの異人と操り人形のようにフラフラ踊る女たち、そしてグッタリと椅子にうなだれている妙の姿……。鬼窪の呼びかけで気を取り戻した妙。連れて帰ろうとしたところ、異人は「帰スワケニハイキマセン」と鬼窪をさえぎる。鬼窪のせいで病気が悪くなるというのだ。(第2話)
続きはコチラ



魔法使いの弟子無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


魔法使いの弟子「公式」はコチラから



魔法使いの弟子


>>>魔法使いの弟子の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)魔法使いの弟子の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は魔法使いの弟子を取り揃えています。魔法使いの弟子BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると魔法使いの弟子は540円で購入することができて、魔法使いの弟子を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで魔法使いの弟子を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)魔法使いの弟子を勧める理由


しっかりと比較した後に、自分にあったコミックサイトを決める人が多いと聞いています。電子書籍で漫画を楽しむ為には、幾つものサイトの中より自分に適したものを1つに絞ることが大事です。
隙間時間を埋めるのにバッチリなサイトとして、注目されているのがご存じのBookLive「魔法使いの弟子」です。本屋さんなどで欲しい漫画を購入しなくても、スマホでアクセスすることで購読できてしまうという部分が強みです。
BookLive「魔法使いの弟子」を広めるための戦略として、試し読みが可能というのは見事なアイデアです。時間を忘れて書籍の内容をチェックすることができるので、暇にしている時間を活用して漫画を選べます。
人目が有る場所では、中身の確認をするのですら憚れるような漫画であっても、無料漫画サービスを打ち出している電子書籍でしたら、好みかどうかをしっかりと理解した上でダウンロードすることができるので安心です。
色んなジャンルの書籍を手当たり次第に読むという活字中毒者にとって、沢山買い求めるのは家計的にも厳しいと言って間違いないでしょう。だけど読み放題を利用すれば、書籍代を格安に抑えることができるので負担が軽くなります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







魔法使いの弟子の概要

                              
作品名 魔法使いの弟子
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
魔法使いの弟子ジャンル 本・雑誌・コミック
魔法使いの弟子詳細 魔法使いの弟子(コチラクリック)
魔法使いの弟子価格(税込) 540円
獲得Tポイント 魔法使いの弟子(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ