蔦の門 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の蔦の門無料試し読みコーナー


岡本かの子短編集。圧倒的な情景描写と心理描写によってまさにキラリと光る珠玉の五編。「鮨」鮨屋の娘ともよは先生とよばれるその男が気になっていた。ある日偶然町で先生を見掛け、身の上話を聞いたのだった。鮨にまつわる話とは……。「東海道五十三次」東海道の魅力にはまった男は言う「東海道というものは山や川や海がうまく配置され、それに宿々がいい工合な距離に在って、景色からいっても旅の面白味からいっても滅多に無い道筋」読むほどに旅情がそそられる作品。「蔦の門」近所のいたずら娘ひろ子は家の蔦をむしっては老婢を困らせていた。しかし早くに両親を亡くし境遇が似ていることから二人は心を通わせるようになる……。「鶴は病みき」 避暑の為訪れた鎌倉での芥川龍之介とのひと夏の交流を描いた作品。偉大なる文学者芥川龍之介の意外な一面とは。「老妓抄」永年の辛苦で財産もできた。老妓の小そのは言う「何人男を代えてもつづまるところ、たった一人の男を求めているに過ぎない……」小そのは電気技師の若い柚木を自分の家に住まわせる。そのうち養女のみち子が柚木に興味を持ち始めるが……「仕事であれ、男女の間柄であれ、混り気のない没頭した一途な姿を見たい」老妓はそう願うのだった。著者岡本かの子の夫は漫画家岡本一平、息子は岡本太郎。
続きはコチラ



蔦の門無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


蔦の門「公式」はコチラから



蔦の門


>>>蔦の門の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)蔦の門の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は蔦の門を取り揃えています。蔦の門BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると蔦の門は108円で購入することができて、蔦の門を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで蔦の門を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)蔦の門を勧める理由


日頃よりたくさん本を読むという人にとりましては、月極め料金を納めれば何冊であろうとも読み放題という形でエンジョイできるというシステムは、それこそ革命的だと評価できるのではないでしょうか?
電子書籍と言う存在は、気付かないうちに利用代金がすごい金額になっているということがあり得ます。しかしながら読み放題というものは月額料が決まっているので、読み過ぎても支払が高額になるなんてことはないのです。
BookLive「蔦の門」が親世代に話題となっているのは、若かったころに読みふけった漫画を、再び手軽に読むことができるからだと思われます。
注目の無料コミックは、スマホさえあれば楽しむことが可能です。電車などでの通勤中、昼食後、病院やクリニックなどでの順番待ちの暇な時間など、自分の好きなタイミングですぐに楽しめます。
十把一絡げに無料コミックと言われても、取り揃えられているカテゴリーは非常に多岐に亘っています。少年向けからアダルトまでありますから、あなたが読みたいと思う漫画をきっと探し当てることができるはずです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







蔦の門の概要

                              
作品名 蔦の門
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
蔦の門ジャンル 本・雑誌・コミック
蔦の門詳細 蔦の門(コチラクリック)
蔦の門価格(税込) 108円
獲得Tポイント 蔦の門(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ