作家の収支 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の作家の収支無料試し読みコーナー


1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。
続きはコチラ



作家の収支無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


作家の収支「公式」はコチラから



作家の収支


>>>作家の収支の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)作家の収支の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は作家の収支を取り揃えています。作家の収支BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると作家の収支は779円で購入することができて、作家の収支を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで作家の収支を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)作家の収支を勧める理由


読み放題という仕組みは、電子書籍業界からすれば真に革命的とも言えるトライアルなのです。利用する側にとっても著者サイドにとっても、良い面が多いと高く評価されています。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを介して情報を取得することだと言っていいわけです。サービス提供会社が破綻してしまったといった場合は利用することができなくなるので、入念に比較してから安心して利用できるサイトを選択したいものです。
利用料のかからない無料漫画を置くことで、集客数を上げ売り上げ増加に繋げるのが販売会社にとっても目論みだと言えますが、反対の立場であるユーザー側からしても試し読みができるので、躊躇なく購入できます。
「電子書籍が好きになれない」という人も多々ありますが、一度でもスマホを利用して電子書籍を読んでみたら、その便利さや購入の楽さから抜け出せなくなる人が多いらしいです。
購入後に「考えていたよりも面白いと思えなかった」ということがあっても、一度読んだ漫画は交換してもらえません。だけど電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、そうした失敗を防ぐことができるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







作家の収支の概要

                              
作品名 作家の収支
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
作家の収支ジャンル 本・雑誌・コミック
作家の収支詳細 作家の収支(コチラクリック)
作家の収支価格(税込) 779円
獲得Tポイント 作家の収支(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ