七日目の蝉 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の七日目の蝉無料試し読みコーナー


ミレニアムを迎えるすこし前の年、19歳の「きみ」と21歳になる「ぼく」は出会った。ふたりが恥じらいながら近づき、互いを求めあい、抱きしめあった時間は幸福そのものだった。永遠につづくように思えた。しかし、突然きみは自殺してしまう――分厚い手紙を残して。そこに語られた衝撃的な体験と苦悩、知る由もなかった深い闇。物語はきみの死で終わらず、ぼくの日常は続いていく。「きみ」の残してくれた甘く切ない思い出と救えなかった後悔、抱えるには重すぎる事実と向き合う「ぼく」。のどかな田舎の少女が闇から光を求めてきたはずの都会。そこは人のつながりさえもかき消してしまうような喧噪にあふれ、少女は心をすり減らしていった。冒頭での蝉の童話と少女の姿が二重露光写真のように重なりあう、美しくも儚い恋愛小説。※本作品は2008年に、ぶんか社より電子出版されていたものを加筆訂正し再発売。表紙絵・寺澤晋吾
続きはコチラ



七日目の蝉無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


七日目の蝉「公式」はコチラから



七日目の蝉


>>>七日目の蝉の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)七日目の蝉の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は七日目の蝉を取り揃えています。七日目の蝉BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると七日目の蝉は378円で購入することができて、七日目の蝉を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで七日目の蝉を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)七日目の蝉を勧める理由


「あらすじを確認してから買いたい」という意見をお持ちの利用者にとって、無料漫画と申しますのは利点の大きいサービスだと言っていいでしょう。販売者側からしても、新規利用者獲得が可能となります。
評価が高まっている無料コミックは、タブレットなどで見れます。電車などでの通勤中、お昼ご飯の休憩時間、病院とか歯科医院などでの順番待ちの時間など、いつでもどこでも気楽に読めます。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、利用する人が増えるのは当然の結果です。書店とは違って、人の目にビクつくことなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍の良い所だと言っていいでしょう。
「全てのタイトルが読み放題であったらどんなに良いだろうね」という漫画マニアの発想をベースに、「月額料金を支払えば1回1回の支払いは不要」という形の電子書籍が誕生したのです。
無料電子書籍を読むことにすれば、急に予定がなくなっても、時間だけが過ぎ去っていくなんてことがほとんどなくなります。仕事の空き時間とか通勤時間などでも、結構楽しめること請け合いです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







七日目の蝉の概要

                              
作品名 七日目の蝉
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
七日目の蝉ジャンル 本・雑誌・コミック
七日目の蝉詳細 七日目の蝉(コチラクリック)
七日目の蝉価格(税込) 378円
獲得Tポイント 七日目の蝉(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ