都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ> 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本の都市問題を経済分析するテキストを全面改訂。「土地」「建物」「交通」「住宅」「政策」「都市規模」「財政」などの日本の都市が直面している具体的な政策課題を分析する。都市政策に携わる国や地方自治体の担当者にも有益な付帯的・理論的な視点が提供されている。●本書の課題は、日本の都市が直面している具体的な政策課題に関して都市経済学からどのようなアプローチができるかを提示することである。したがって、本書では「日本の都市問題」の経済分析に焦点が当てられる。初版が出版されて以来、都市経済学の研究も進歩し、日本の都市の姿や都市政策の重点も大きく変化した。こういった変化を踏まえて、第2版では大幅な改訂を行った。●改訂にあたっては、1990年代半ば以降の日本の都市および都市政策の重点の変化を考慮して内容を拡充した。●各章の内容は以下のとおり。第1章は、本書全体の導入部分である。日本における都市化の経緯と都市規模分布の現状を概観し解説する。第2章では、住宅立地の理論を基礎に、都市における土地利用がどう決定されるかを考える。第3章では、地価の決定メカニズムを解説し、1980年代後半の地価高騰と1990年以降の長期にわたる地価下落も取り上げ、検討する。第4章では、道路交通のもたらす外部不経済の定量的な推計例の紹介も交えつつ、都市の交通問題について経済学的な分析を行う。また、費用便益分析の簡単な解説を付録で行う。第5章では、住宅市場がどのように動いているのか、実証的データを交えながら検証する。第6章は、住宅市場に対する政府の関与の現状と効果を分析する。住宅政策の大転換にも触れる。第7章では、都市規模の決定メカニズムがあつかわれる。第8章では、開発規制、用途規制、形態規制、取引規制といった土地利用規制に焦点を当てるとともに、中心市街地問題、コンパクトシティー政策などをあつかう。第9章は、都市財政の基本を学ぶとともに、官民連携、エリア・マネジメント等の地方財政における新たな動きをあつかう。
続きはコチラ



都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>「公式」はコチラから



都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>


>>>都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>を取り揃えています。都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>は3110円で購入することができて、都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>を勧める理由


「通勤時にも漫画に没頭したい」と思う人に便利なのがBookLive「都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>」だと言っていいでしょう。邪魔になる書籍を肌身離さず持ち歩くこともないので、バッグの中身も軽くなります。
スマホで読むことができるBookLive「都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>」は、出掛ける際の持ち物を少なくするのに貢献してくれます。カバンなどの中に読もうと思っている本を入れて持ち運ぶようなことをしなくても、手軽に漫画をエンジョイすることが可能になるのです。
「アニメに関しては、テレビ番組になっているもの以外見ていない」というのは、今では考えられない話だと思います。なぜかと言いますと、無料アニメ動画などをインターネット上で楽しむというスタイルが増えてきているからです。
小さい時に何度も読み返した往年の漫画も、BookLive「都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>」として取り扱われています。店頭では購入できない作品も取り揃えられているのが利点だと言い切れます。
漫画の売れ行き低下が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを採り入れることで、購入者数を増加させつつあります。革新的な読み放題という売り方が多くの人に受け入れられたのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>の概要

                              
作品名 都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>ジャンル 本・雑誌・コミック
都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>詳細 都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>(コチラクリック)
都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>価格(税込) 3110円
獲得Tポイント 都市経済学(第2版)<プログレッシブ経済学シリーズ>(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ