あじさい日記 (下) 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」のあじさい日記 (下)無料試し読みコーナー


妻に恋人ができた? 盗み読みがやめられない妻の日記にとうとう男の影が見え始める……。しかし、手をこまねいているしかない省吾。省吾の心配をよそに、大学時代の恩師と急接近をする妻。2人はどうなるのか? 夫婦関係、愛人関係を通じて、愛のかたちを鮮やかに描いた渡辺文学の名作。【著者プロフィール】1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒業後、母校の整形外科講師となり、医療と並行して小説を執筆。1970年『光と影』で第63回直木賞受賞し、本格的に作家活動を開始。1980年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。1997年に刊行された『失楽園』は大きな話題をよび、映画化、テレビドラマ化された。2003年には紫綬褒章受章。著書は『鈍感力』『ひとひらの雪』『化身』『化粧』『孤舟』『うたかた』『花埋み』など多数。
続きはコチラ



あじさい日記 (下)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


あじさい日記 (下)「公式」はコチラから



あじさい日記 (下)


>>>あじさい日記 (下)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あじさい日記 (下)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はあじさい日記 (下)を取り揃えています。あじさい日記 (下)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとあじさい日記 (下)は594円で購入することができて、あじさい日記 (下)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンであじさい日記 (下)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)あじさい日記 (下)を勧める理由


本屋では、商品である漫画の立ち読みを禁止するために、カバーをかけるのが一般的です。BookLive「あじさい日記 (下)」ならば試し読みが可能となっているので、物語のあらましを分かった上で購入ができます。
「比較するまでもなく決めてしまった」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも変わりがないという認識をお持ちなのかもしれませんが、細かなサービスは運営会社によって変わりますから、しっかりと比較することは不可欠です。
利用者の人数がいきなり増加してきたのが、今流行りのBookLive「あじさい日記 (下)」です。スマホで漫画を購入することができるということで、場所をとる単行本を持ち運ぶ必要もなく、バッグの中の荷物を減らすことができます。
最新刊が出版されるたびに本屋まで購入しに行くのは不便です。ですが、大人買いは内容が大したことなかった時の費用的・心理的ダメージが大きいでしょう。BookLive「あじさい日記 (下)」なら一冊ずつ買うことができるので、その辺の心配が不要です。
居ながらにしてアクセスして読み進めることができるというのが、無料電子書籍の良いところです。ショップまで出掛る必要も、インターネットでオーダーした書籍を届けてもらう必要もありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







あじさい日記 (下)の概要

                              
作品名 あじさい日記 (下)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
あじさい日記 (下)ジャンル 本・雑誌・コミック
あじさい日記 (下)詳細 あじさい日記 (下)(コチラクリック)
あじさい日記 (下)価格(税込) 594円
獲得Tポイント あじさい日記 (下)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ