麻酔 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の麻酔無料試し読みコーナー


1時間ほどで終わる予定の、子宮筋腫の摘出手術を受けた妻・邦子だったが、麻酔のミスが原因で意識が戻らず、植物状態に陥ってしまう……。医療過誤が原因となり、変わっていく夫婦の在り方、子どもたちとの絆・関係を描き、テレビドラマにもなった渡辺作品の名作。【著者プロフィール】1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒業後、母校の整形外科講師となり、医療と並行して小説を執筆。1970年『光と影』で第63回直木賞受賞し、本格的に作家活動を開始。1980年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。1997年に刊行された『失楽園』は大きな話題をよび、映画化、テレビドラマ化された。2003年には紫綬褒章受章。著書は『鈍感力』『ひとひらの雪』『化身』『化粧』『孤舟』『うたかた』『花埋み』など多数。
続きはコチラ



麻酔無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


麻酔「公式」はコチラから



麻酔


>>>麻酔の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)麻酔の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は麻酔を取り揃えています。麻酔BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると麻酔は820円で購入することができて、麻酔を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで麻酔を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)麻酔を勧める理由


単行本は、書店で試し読みして購入するかどうかの判断を下す人が過半数を占めます。けれど、ここ最近はまずはBookLive「麻酔」で1巻だけ買ってみてから、その書籍を買うのか否かを決めるという人が増えています。
漫画が趣味な人からすれば、読了した証として収蔵している単行本は大事だと理解できますが、「漫画は読めれば十分」という人だとすれば、スマホで読めるBookLive「麻酔」の方が重宝するはずです。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトをおすすめしたいです。払い方も超簡単ですし、最新コミックを買うために、手間暇かけて店頭で事前予約することも必要なくなります。
「小さなスマホの画面では見づらいということはないのか?」という疑問を持つ人がいるのも承知していますが、実際にBookLive「麻酔」を1冊買ってスマホで閲覧してみれば、その快適性にビックリすること請け合いです。
使わないものは処分するという考え方が世間に受け入れてもらえるようになった近年、漫画本も冊子本という形で持たずに、BookLive「麻酔」を用いて読破する人が急増しています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







麻酔の概要

                              
作品名 麻酔
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
麻酔ジャンル 本・雑誌・コミック
麻酔詳細 麻酔(コチラクリック)
麻酔価格(税込) 820円
獲得Tポイント 麻酔(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ