インターネット白書2016 20年記念特別版 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」のインターネット白書2016 20年記念特別版無料試し読みコーナー


インターネットによる技術・ビジネス・社会の変革を伝える業界定番の年鑑です。「The Internet for Everything」を掲げ、あらゆる分野にイノベーションを起こすインターネットの最新動向を42人の専門家の寄稿と統計資料によって報告します。1996年に第1回目を発行して以来、20回目を迎える今年は、「20年記念特別版」。「インターネットの10年後を語ろう!」という特別企画によって11人の専門家が未来のネット社会やテクノロジーを展望するほか、過去20年の年表を掲載。また、2016年の注目キーワードは「IoT」「人工知能」「シェアリングエコノミー」「フィンテック」「定額コンテンツ配信」「メディアテクノロジー」「減災インターネット」「ドローン」「コンテナー型仮想基盤技術」「サイバーセキュリティ」。インターネットの現在・過去・未来を概観できる貴重な一冊です。
続きはコチラ



インターネット白書2016 20年記念特別版無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


インターネット白書2016 20年記念特別版「公式」はコチラから



インターネット白書2016 20年記念特別版


>>>インターネット白書2016 20年記念特別版の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)インターネット白書2016 20年記念特別版の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はインターネット白書2016 20年記念特別版を取り揃えています。インターネット白書2016 20年記念特別版BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとインターネット白書2016 20年記念特別版は2160円で購入することができて、インターネット白書2016 20年記念特別版を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでインターネット白書2016 20年記念特別版を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)インターネット白書2016 20年記念特別版を勧める理由


コミックを買っていくと、ゆくゆく収納スペースがいっぱいになるという問題が起きてしまいます。だけれど書籍ではないBookLive「インターネット白書2016 20年記念特別版」であれば、保管に苦労する必要性がないため、場所を気にすることなく読むことができます。
登録している人の数が急激に増加し続けているのが話題となっているコミックサイトです。つい最近までは「形が残る単行本で買うのが良い」という人が圧倒的多数でしたが、電子書籍という形で買って見るというユーザーが増えているようです。
電子書籍はクレカで買うので、知らないうちに利用料が高くなっているということが想定されます。ですが読み放題であれば1ヶ月の利用料金が決まっているので、読み過ぎたとしても利用代金がすごい金額になるという心配がありません。
読み放題という形は、電子書籍業界でしか成しえないそれこそ画期的とも言える取り組みなのです。利用する方にとっても著者サイドにとっても、良い面が多いと考えられます。
BookLive「インターネット白書2016 20年記念特別版」が40代以降の人たちに受け入れられているのは、10代の頃に幾度となく読んだ漫画を、改めてサクッと鑑賞できるからだと考えられます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







インターネット白書2016 20年記念特別版の概要

                              
作品名 インターネット白書2016 20年記念特別版
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
インターネット白書2016 20年記念特別版ジャンル 本・雑誌・コミック
インターネット白書2016 20年記念特別版詳細 インターネット白書2016 20年記念特別版(コチラクリック)
インターネット白書2016 20年記念特別版価格(税込) 2160円
獲得Tポイント インターネット白書2016 20年記念特別版(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ