タブー 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」のタブー無料試し読みコーナー


虚構を演じ続ける女たちの“タブー(禁忌)”とは 暴露本『スキャンダルへの招待』を書いたのち渡米した、フリーライター有藤久美が一年半ぶりに帰国すると、見知らぬ女が久美の本名を使って結婚し、さらには殺害されていた。女はいったい何者で、何が目的だったのか。久美は、女の遺した手記を手掛りに、謎の過去へと踏み込んでいく。
続きはコチラ



タブー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


タブー「公式」はコチラから



タブー


>>>タブーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)タブーの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はタブーを取り揃えています。タブーBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとタブーは486円で購入することができて、タブーを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでタブーを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)タブーを勧める理由


電子書籍ビジネスには複数の企業が進出してきていますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍を活用するのか?」を決めることが大切です。広範囲な本が揃っているかとか値段、サービス状況などを見比べることを推奨します。
子供の頃に大好きだった懐かしさを感じる漫画も、BookLive「タブー」という形で読むことができます。店舗販売では扱われない漫画も数多く見受けられるのが魅力だと言えるでしょう。
購入の前に試し読みをして漫画のストーリーやイラストを吟味した上で、心配などせずに購読できるのがWebBookLive「タブー」のメリットでしょう。買う前に内容を把握できるので失敗の可能性が低くなります。
サービスの中身は、運営会社毎に違います。だからこそ、電子書籍を何所で購入することにするのかは、比較するのが当然だと思っています。すぐに決定してはダメです。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界でしか成し得ることができない全くもって斬新な試みなのです。ユーザーにとっても出版社サイドにとっても、プラスの面が多いと言っていいでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







タブーの概要

                              
作品名 タブー
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
タブージャンル 本・雑誌・コミック
タブー詳細 タブー(コチラクリック)
タブー価格(税込) 486円
獲得Tポイント タブー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ