ムンプス難聴 ~患者を生きる~ 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」のムンプス難聴 ~患者を生きる~無料試し読みコーナー


当時5歳だった娘の左耳が聞こえないのに気がつきました。3カ月前にかかったおたふく風邪(ムンプス)が原因でした。母親はワクチンを受けさせなかった自分を責めました。「患者を生きる」感染症シリーズ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5419文字/単行本換算で10ページ】
続きはコチラ



ムンプス難聴 ~患者を生きる~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ムンプス難聴 ~患者を生きる~「公式」はコチラから



ムンプス難聴 ~患者を生きる~


>>>ムンプス難聴 ~患者を生きる~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ムンプス難聴 ~患者を生きる~の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はムンプス難聴 ~患者を生きる~を取り揃えています。ムンプス難聴 ~患者を生きる~BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとムンプス難聴 ~患者を生きる~は216円で購入することができて、ムンプス難聴 ~患者を生きる~を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでムンプス難聴 ~患者を生きる~を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ムンプス難聴 ~患者を生きる~を勧める理由


スマホで見る電子書籍は、ご存知の通り文字のサイズを自分用に調節することが可能なので、老眼の為に読書から遠ざかっていたおじいさん・おばあさんでも、簡単に読むことができるという特長があるわけです。
コミックを購読する以前に、BookLive「ムンプス難聴 ~患者を生きる~」で少し試し読みしてみる方が賢明だと思います。ざっくりとしたあらすじや主要登場人物の全体的な雰囲気を、前もって把握できます。
老眼が進行して、近くにあるものがぼや~っとしか見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホ上で電子書籍を楽しめるようになったというのは、ある意味革新的なことなのです。文字サイズを自分用に調節できるからです。
電子書籍については、知らない間に購入代金が高くなっているということがあります。だけども読み放題というものは毎月の利用料が一定なので、何タイトル読もうとも料金が高くなることは皆無です。
漫画本を買い集めていくと、後々ストックできなくなるという問題にぶつかります。けれどDL形式のBookLive「ムンプス難聴 ~患者を生きる~」であれば、しまい場所に悩むことから解放されるため、何も気にすることなく楽しむことが可能なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







ムンプス難聴 ~患者を生きる~の概要

                              
作品名 ムンプス難聴 ~患者を生きる~
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ムンプス難聴 ~患者を生きる~ジャンル 本・雑誌・コミック
ムンプス難聴 ~患者を生きる~詳細 ムンプス難聴 ~患者を生きる~(コチラクリック)
ムンプス難聴 ~患者を生きる~価格(税込) 216円
獲得Tポイント ムンプス難聴 ~患者を生きる~(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ