最期は家で ~患者を生きる~ 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の最期は家で ~患者を生きる~無料試し読みコーナー


2011年夏、長野県佐久市の新海功一さんは9カ月ぶりに慣れ親しんだ家に戻りました。新海さんは重い肺炎を患って入院した間に、体が衰えて寝たきりになりました。新海さんが帰宅してから亡くなるまでの1年半の間に、医師や訪問看護師、ヘルパー、薬剤師、入浴介助業者、理学療法士ら約30人が家を出入りしました。その人たちが、日々の記録を書き残した「介護ノート」2冊が残されました。「患者を生きる」つながってシリーズ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:4768文字/単行本換算で8ページ】
続きはコチラ



最期は家で ~患者を生きる~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


最期は家で ~患者を生きる~「公式」はコチラから



最期は家で ~患者を生きる~


>>>最期は家で ~患者を生きる~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)最期は家で ~患者を生きる~の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は最期は家で ~患者を生きる~を取り揃えています。最期は家で ~患者を生きる~BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると最期は家で ~患者を生きる~は216円で購入することができて、最期は家で ~患者を生きる~を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで最期は家で ~患者を生きる~を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)最期は家で ~患者を生きる~を勧める理由


移動時間などを埋めるときに打ってつけのサイトとして、人気を博しているのがBookLive「最期は家で ~患者を生きる~」だと言われています。わざわざ本屋で欲しい漫画を探したりせずとも、スマホのみで簡単に購読できるという部分が特徴と言えるでしょう。
漫画コレクターだという人にとって、コレクションしておくための単行本は大切だということはわかりますが、手軽に楽しみたいという人であれば、スマホ経由で読めるBookLive「最期は家で ~患者を生きる~」の方が使い勝手もいいでしょう。
電車移動をしている時などの手空きの時間に、無料漫画をチェックして面白そうな漫画を探し出しておけば、土曜日や日曜日などの時間に余裕がある時に買って続きを満足するまで読むってこともできます。
漫画好きな人には、コミックサイトが便利だと言えます。購入するのも楽々ですし、最新刊を買い求めるために、手間暇かけて売り場で事前に予約をすることも不要になるのです。
コミックサイトは一つしか存在していないわけではありません。それらのサイトを面倒くさがらずに比較して、自分の希望に近いものを選ぶことが大事になります。そうすれば後悔しなくて済みます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







最期は家で ~患者を生きる~の概要

                              
作品名 最期は家で ~患者を生きる~
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
最期は家で ~患者を生きる~ジャンル 本・雑誌・コミック
最期は家で ~患者を生きる~詳細 最期は家で ~患者を生きる~(コチラクリック)
最期は家で ~患者を生きる~価格(税込) 216円
獲得Tポイント 最期は家で ~患者を生きる~(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ