ロボットハンター 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」のロボットハンター無料試し読みコーナー


「あ、あかん、もうおいらは、あかん…これでもう、おさらばや」ロバ型ロボットのサムは、いつのまにか壊れて、この松林の入り口に捨てられてしまった。予備バッテリーもきれそうになったそのとき、向こうから、だれかがやってきた――。壊れかけのロボットと、ロボットが大きらいなウエスタンハットをかぶった白ネコ・ビリーのふたりが出会い……?■文・中村文人(なかむら もんど)三重県で生まれ、奈良県で育つ。関西学院大学文学部卒業。経済系の出版社でビジネス書の企画編集の仕事に携わりながら、絵本や児童書の創作を続けている。日本児童文芸家協会会員。 主な作品に『みんなだいじななかま』(金の星社)、『ぶんきょうほけんじょのえほん せわになろうかな』(文京保健所)、『おとうじゃ、ないって』『おいらはケネルキャットサスケ』『トイプードル警察犬 カリンとフーガ』(佼成出版社)などがある。■絵・いなのべいくこ茨城県水戸市出身。 デザイン事務所に6年勤務後、フリーのイラストレーターになる。 主な作品に『仕事ができる人の 5日で身につく「伝える技術」改訂版』『組織が活きるチームビルディング』『知的食生活のすすめ』 (東洋経済新報社)、『子どもの病気は食事で治す』 (評言社) 保育誌(フレーベル館、メイト)などの挿絵がある。 絵本挿絵の挿絵は『フライパンとダンス』(文化出版局)などがある。 国立埼玉病院CT室イラストデザインやイベントポスターデザインを担当する。 東京八重洲ギャラリーのミニ絵画展参加。  銀座、渋谷、原宿ギャラリーなどで作品を発表。
続きはコチラ



ロボットハンター無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ロボットハンター「公式」はコチラから



ロボットハンター


>>>ロボットハンターの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ロボットハンターの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はロボットハンターを取り揃えています。ロボットハンターBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとロボットハンターは378円で購入することができて、ロボットハンターを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでロボットハンターを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ロボットハンターを勧める理由


BookLive「ロボットハンター」の販売促進の戦略として、試し読みが可能というのはすごいアイデアだと思います。時間に関係なくストーリーを確かめられるので休憩時間を賢く利用して漫画を選ぶことができます。
日常とはかけ離れた物語の世界に思いを馳せるというのは、毎日のうっぷんを晴らすのにかなり効果的です。ややこしいテーマよりも、シンプルで分かりやすい無料アニメ動画などが良いでしょう。
利用料のかからない無料漫画をサービスすることで、集客数を引き上げ利益増に繋げるのが販売会社にとってもメリットですが、逆に利用者も試し読みができるので、良い判断材料になります。
昨今注目を集めているアニメ動画は、若者のみが堪能するものだと考えるのは早計です。アニメが苦手な人が見ても十二分にエンジョイできる構成で、意味深なメッセージ性を秘めた作品も多くなっています。
スマホを介して読む電子書籍は、便利なことにフォントの大きさを自分好みに調整することが可能なため、老眼に悩むおじいさん・おばあさんでも問題なく読めるという特徴があると言えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







ロボットハンターの概要

                              
作品名 ロボットハンター
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ロボットハンタージャンル 本・雑誌・コミック
ロボットハンター詳細 ロボットハンター(コチラクリック)
ロボットハンター価格(税込) 378円
獲得Tポイント ロボットハンター(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ