P+D BOOKS 悲しみの港(上) 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」のP+D BOOKS 悲しみの港(上)無料試し読みコーナー


現実と幻想の間を彷徨する若き小説家の懊悩。「僕が故郷に漠然と期待したのは避難港だった。ところが、それどころではなかった」――。東京から郷里の静岡県藤枝市に居を移した三十手前の小説家・及川晃一の日常的思索を描いた著者の自伝的小説の前編。1994年、発刊時の単行本の帯には[自分はすでに難破船か、骸骨か。それでもなお試練の故郷で文学者が探し求める自我の新しい船出。現実と想像のあわいに明晰な幻視者・小川国夫が眼をそそぐ]とある。日本人とは、市民とは、そして小説家とは何かを考え続けた、「内向の世代」の作家・小川国夫の深い懊悩が滲む秀作。朝日新聞に連載され、第5回伊藤整文学賞を受賞。
続きはコチラ



P+D BOOKS 悲しみの港(上)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


P+D BOOKS 悲しみの港(上)「公式」はコチラから



P+D BOOKS 悲しみの港(上)


>>>P+D BOOKS 悲しみの港(上)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)P+D BOOKS 悲しみの港(上)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はP+D BOOKS 悲しみの港(上)を取り揃えています。P+D BOOKS 悲しみの港(上)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとP+D BOOKS 悲しみの港(上)は594円で購入することができて、P+D BOOKS 悲しみの港(上)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでP+D BOOKS 悲しみの港(上)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)P+D BOOKS 悲しみの港(上)を勧める理由


最新刊が出るたび本屋まで行くのは時間の無駄遣いとなります。だとしましても、一気にドカンと買うのは外れだったときのお財布への負担が大きいです。BookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(上)」なら一冊ずつ買うことができるので、手軽だし失敗も少なく済みます。
「どの業者のサイトを利用して本を買い求めるか?」というのは、思っている以上に重要なことなのです。価格やサービスなどに違いがあるので、電子書籍については色々比較して決めなければいけないと思います。
コミックサイトの最大の長所は、扱うタイトル数が本屋とは比べものにならないくらい多いということだと思います。売れ残る心配がいらないので、多種多様なタイトルを取り扱えるというわけです。
先に試し読みをして漫画のストーリーを精査した上で、安心して入手できるのがWeb漫画のメリットでしょう。買う前にストーリーを把握できるのでお金を無駄にしなくて済みます。
無料電子書籍を上手に利用するようにすれば、急に予定がなくなっても、手持無沙汰で仕方ないということがなくなると言えます。お昼休みや通勤時間などでも、十二分に楽しめるでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







P+D BOOKS 悲しみの港(上)の概要

                              
作品名 P+D BOOKS 悲しみの港(上)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
P+D BOOKS 悲しみの港(上)ジャンル 本・雑誌・コミック
P+D BOOKS 悲しみの港(上)詳細 P+D BOOKS 悲しみの港(上)(コチラクリック)
P+D BOOKS 悲しみの港(上)価格(税込) 594円
獲得Tポイント P+D BOOKS 悲しみの港(上)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ