政治主導で挑む労働の構造改革 電子書籍 BookLive ブックライブ 無料

BookLive「ブックライブ」の政治主導で挑む労働の構造改革無料試し読みコーナー


長時間労働の規制、同一労働同一賃金、待機児童など、働き方に関わる諸問題が相次いで議論されている。これらの背景には、少子高齢化に伴う労働力の減少、サービス産業の時代における日本型雇用の制度疲労、という大きな問題が横たわる。本書の狙いは、そうした労働問題の全体構造を示し、体系立てて対策案を提示することである。長年の雇用慣行や諸制度が絡み合う構造を把握しないまま各論ごとに対策を講じても、ある対策が別の問題を引き起こすといったことになりがちだった。そこで著者は「働く人を増やす」(女性や高齢者の活躍)、「働く場を整える」(地方や中小企業の活性化)、「働き方を変える」(日本型雇用の改革)という、三つの柱についてそれぞれ、現状および課題を整理し、制度設計や政策などの対策を提示している。長年の雇用慣行を見直し、既存の制度を変えるには、問題の全体構造を踏まえつつ、一つひとつ周りから突き崩していくことになる。こうした構造改革は政治主導でないと進められない。こう考えた二人の著者は、自由民主党の中で労働問題に関心を持つ有志を集め、「多様な働き方を支援する勉強会」を開催、2年間をかけて労働問題について勉強と議論を続けてきた。その成果をまとめたものが本書である。
続きはコチラ



政治主導で挑む労働の構造改革無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


政治主導で挑む労働の構造改革「公式」はコチラから



政治主導で挑む労働の構造改革


>>>政治主導で挑む労働の構造改革の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)政治主導で挑む労働の構造改革の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は政治主導で挑む労働の構造改革を取り揃えています。政治主導で挑む労働の構造改革BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると政治主導で挑む労働の構造改革は1944円で購入することができて、政治主導で挑む労働の構造改革を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで政治主導で挑む労働の構造改革を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)政治主導で挑む労働の構造改革を勧める理由


老眼のせいで、近場の文字が見にくくて困っているという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍を閲覧することができるようになったというのは画期的なことなのです。フォントの大きさを読みやすく調整可能だからです。
BookLive「政治主導で挑む労働の構造改革」を広めるための戦略として、試し読みができるというのはすごいアイデアだと思います。いつでもマンガの内容を確認できるため、自由な時間を賢く利用して漫画を選定することができます。
コミックと言えば、「少年少女向けに描かれたもの」だと思い込んでいるかもしれないですね。けれど今はやりのBookLive「政治主導で挑む労働の構造改革」には、サラリーマン世代が「若かりし日を思いだす」と言ってもらえるような作品も複数あります。
「電車に乗車している最中にコミックブックを開くなんて考えられない」という方であっても、スマホ本体に漫画を入れることができれば、人のことを考える必要はなくなります。まさしく、これがBookLive「政治主導で挑む労働の構造改革」の素晴らしいところです。
ネットにある本の通販サイトでは、基本は表紙・タイトルの他、さらっとした内容しか把握できません。けれどもBookLive「政治主導で挑む労働の構造改革」であれば、何ページ分かは試し読みができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







政治主導で挑む労働の構造改革の概要

                              
作品名 政治主導で挑む労働の構造改革
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
政治主導で挑む労働の構造改革ジャンル 本・雑誌・コミック
政治主導で挑む労働の構造改革詳細 政治主導で挑む労働の構造改革(コチラクリック)
政治主導で挑む労働の構造改革価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 政治主導で挑む労働の構造改革(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ